プログラミングコンテスト(以下プロコン)は、
プログラミングの力で戦う真剣勝負です。
勝った、負けた。今日は何位だった。
競争を楽しむこともプロコンの醍醐味です。
でも、できることなら私たちは、プログラミング初心者を含め参加した全員が楽しめる、そして没頭できるプロコンをつくりたいと思ったのです。
プログラミングってやっぱりおもしろい。
参加者全員がそう思える場があれば、
きっと、日本のプログラマーの裾野を広げるきっかけになる。
日本のプログラミングのレベルを上げるきっかけになる。
本気でそう思っているのです。
そこで(たぶん)世界初。フェス型のプロコンを開催します。
競うだけじゃなく、学ぶ、話す、遊ぶ、つながる、などなど…。
2日間で、プログラミングとアルゴリズムを全員で楽しみ尽くすプロコンです。
どう楽しむかはあなた次第。初心者も、ベテランも。
「十人十色」の楽しみかたがあるプログラミングコンテスト。
興味があればまずはエントリーください。
誰も見たことのないプロコンをご用意してあなたをお待ちしています!

CODE FESTIVAL2014は個人戦です。

2014年9月20日(土)21時00分~23時00分

http://code-festival-2014-quala.contest.atcoder.jp/#

予選Aの解説はこちら

  • ・応募者全員に本戦にご参加いただきたいのですが、
    会場収容人数に制限があるため、やむを得ず予選を実施させていただきます。
  • ・ただし、通常の本戦より募集人数が200人と多いためプログラミング経験が短い方も是非ご参加ください。
  • ・予選は、AtCoderでオンラインコンテストとして開催します。
  • ・予選AB両方ともご参加いただけます。
2014年11月8日(土)午前~11月9日(日)夕方予定
  • ・初日は22時解散、2日目は早朝開始を予定しているため、希望者全員に宿泊施設を用意いたします。
  • ・当日はプログラミングスキル向上に役立つコンテンツや、参加者同士が交流ができる
    コンテンツ、プログラミング初心者向けコンテンツなど、みなさんに楽しんでいただける様々なコンテンツをご用意しています。
    当日のタイムスケジュール詳細は後日おしらせします。お楽しみに!

どなたでもご参加いただけますが、本戦へは下記本戦参加資格を満たした方のみご参加いただけます。ご注意ください。

以下の条件を満たした方が本戦にご参加いただけます。

  • ・エントリー者。
  • ・日本在住の学生(高専4~5年生、専門、短大、大学、大学院)または既卒3年以内の未就業者。
  • ・予選Aの上位120名または、予選Bの上位80名。

※予選Aを通過した方は、予選Bの上位80名から除外とし重複でカウントしないものとします。
※中高生は申し訳ありませんが、本戦へ参加頂くことができません。
※アルバイト経験のみの場合は、未就業扱いとなります。

AtCoder の対応言語に準じます。詳細は下記リンクからご確認ください。

>使用可能言語はこちら

2014年10月26日(日)23時00分

本戦参加者:200名

※できる限り多くの方に本戦にご参加いただきたいため、募集人数を200名としております。

3331 Arts Chiyoda

〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分
<交通費について>
往復交通費を全額負担いたします。
<宿泊費について>
希望者には宿泊費を全額負担いたします。
賞品 中国・上海ツアー

中国・台湾・韓国・シンガポールでの予選上位者との
アジア決勝戦を含むツアーとなっています。
アジア決勝戦は上海交通大学での実施を予定しています。
もちろん楽しい観光プランや楽しいお食事もご用意しております♪

※日程は、12月2~3w頃を予定しています。
※ツアーには本戦の上位者がご参加いただけます。
※渡航費・食費等は負担いたします。

賞金

・1位〜10位入賞の方には以下の賞金と「TOP10入りオリジナルグッズ」を進呈!

1位 294,409円 6位 41,003円
2位 146,611円 7位 32,477円
3位 96,049円 8位 30,589円
4位 68,257円 9位 24,761円
5位 49,771円 10位 19,729円

・11位〜20位入賞の方には以下の賞金と「TOP20入りオリジナルグッズ」を進呈!

11位 9,997円 16位 9,997円
12位 9,997円 17位 9,997円
13位 9,997円 18位 9,997円
14位 9,997円 19位 9,997円
15位 9,997円 20位 9,997円

※賞金表記方法のヒント:19

  • ・その他、みなさんに楽しんでいただける様々な表彰基準と賞金・賞品も別途ご用意しています。詳細は後日お知らせします。お楽しみに!

※コンテストの日程、内容などは変更になる可能性があります。
予めご了承ください。

  • 予選を実施する、プログラミングコンテスト運営サービスAtCoderにてユーザーIDを取得してください。
    ※すでにお済みの方はAtCoderのユーザーIDを取得する必要はありません。
  • サイト上の「エントリー」をクリック。リンク先にあるフォームに必要事項を記入の上エントリーしてください。
  • AtCoderにて実施されるオンライン予選に参加。予選通過者のみ本戦にご参加いただけます。
  • 本戦にご参加ください。本戦のみならず、様々なイベントを用意してご参加をお待ちしています。
  • ※予選通過者には、事務局より電話またはメールで、本戦への出欠意思確認の連絡をさせていただきます。ご連絡がつかない場合は「欠席」とさせていただき、次点の方にご連絡をさせていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※スケジュール・イベント内容等は、事前に変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

『CODE FESTIVAL』は、何と読みますか。
「コードフェスティバル」です。
『CODE FESTIVAL』とは、どのようなプログラミングコンテストですか?
従来のプログラミングスキルで勝負する「競う」という要素に加え、学ぶ、遊ぶ、つながる、など参加者全員が楽しめる場を目指すプログラミングコンテストです。本戦は、2日間にわたってプログラミングやアルゴリズムを楽しみ尽くす、史上類を見ない「フェス型」でコンテストを開催します。プログラミングスキル向上に役立つコンテンツ、 参加者同士と交流ができるコンテンツなど、みなさんに楽しんでいただける様々なコンテンツをご用意しています。
※本戦には、予選通過者のみご参加頂けます。
参加費用はかかりますか。
予選・本戦ともに参加は無料です。
本戦の往復交通費や宿泊費に関しても、全額負担いたします。
競技プログラミング歴が短くても参加できますか。
是非ご参加ください。本戦当日はプログラミング初心者向けのコンテンツもご用意しております。また、練習問題や過去問題もご用意していますので、事前の練習にご使用ください。
>練習問題はこちら
>過去問題はこちら
予選はどのように行われますか?
予選はすべてオンラインで行われます。参加方法は以下のリンクからご確認ください。
>参加方法はこちら
チームで参加できますか?
予選・本戦ともに、個人戦となっておりますのでチームでの参加(複数人での相談や協力等も含む)はご遠慮ください。公平性の観点から大会期間中に問題の解き方に関するコメントやソースコードの公開もご遠慮ください。
本戦の会場はどこですか?
東京秋葉原にある、中学校を利用したアートセンター「3331 Arts Chiyoda」が会場です。
会場はこちら
どうしてオンサイトで実施するのですか?
実力を競い合う場であると同時に、
競技以外にもプログラミング、アルゴリズムを楽しむ、
参加者同士の交流を深める場とすることを趣旨としているためです。
本戦へ参加が決まった場合、会場までの交通費はどうなりますか?
本戦進出者の交通費に関しましては、往復交通費を全額負担いたします。
※希望者には宿泊費も全額負担いたします。
本戦は2日間ですが、遠方からの参加の場合の宿泊費はどうなりますか?
希望者には宿泊費も全額負担いたします。
本戦には何人出場できますか?
できる限り多くの方に本戦にご参加いただきたいため、本戦への出場可能人数を200名(予定)としております。
問題形式を教えてください
本コンテストでは、競技開始と同時に、複数の問題が提示されます。AtCoder上でコンテストを行い、問題に対する解答プログラムを提出する形式です。
順位はどのように決まりますか?
できるだけ多くの得点をできるだけ早く獲得することが目標です。1問正解につき1ポイント獲得できます。コンテスト終了後、同点の参加者がいた場合、最後の得点を先に獲得した方を勝者とします。不正解の回答を提出してもペナルティはありません。時間を無駄にしたということがすでにペナルティだからです。
使用するPC、プログラミング言語・環境について制約はありますか?
参加者ご自身のPCでご参加頂く形となります。また、一般に公開されているプログラミング言語および標準ライブラリは自由に使用可能です。
>使用可能言語はこちら
本戦でのインターネット接続環境は自分で準備する必要がありますか?
会場にはWi-Fiを準備いたします。もちろんご自身で準備いただいても構いません。

  • ・競技開始と同時に、複数の問題が提示されます。
  • ・制限時間内に1点でも多く得点した人が上の順位になるルールです。
  • ・得点が同じ場合には、より早く解いた人が上の順位になります。
  • ・必ず個人で戦う必要があります。2人以上で結託し、解答する行為は禁止しております。
  • ・予選・本戦参加中の問題の解き方に関するコメントやソースコードの公開も禁止です。
  • ・その他ルールの詳細はAtCoderに準じますが、不正解の回答を提出してもペナルティはありません。詳細は下記リンクからご確認できます。
    ※ルールの表記について修正いたしました。お詫びして訂正いたします
    >ルールはこちら

初心者の方や問題の難易度を知りたい方向けに
練習問題と過去問題をご用意しています。
練習問題はオンライン予選を実施する
AtCoderの練習用ページをご使用ください。
また過去問題は前回の『Recruit Programming Contest 米国ツアー』の
問題をご用意しております。事前の練習にご使用ください。
練習問題は以下のリンクからご覧ください。
練習問題はこちら
過去問題は前回の『Recruit Programming Contest 米国ツアー』より
以下のA〜Iの9問を掲載しております。ぜひ挑戦ください。
※問題の解説は後日掲載いたします。
#  問題
過去問題解説はこちら

もっともっと多くの人が
プログラミングを好きになれるきっかけを作りたい。

そう思ったきっかけは、学生エンジニアのみなさんとの会話。
プログラミングコンテスト(プロコン)は、
仲間と楽しみながらスキルを高めることができる一方、
敷居が高くて参加しづらい、参加してもスコアの伸ばし方が分からず参加しなくなった、
という声をたくさん聞きました。
プログラミングのレベルに分かれて、
日本の学生エンジニア全員が楽しめるプロコンがあったらいいのに。
スコアを伸ばせるコンテンツがあったらいいのに。
そんな想いで『CODE FESTIVAL』を企画しました。
参加者全員に「プログラミングが楽しい!」と思ってもらえるプロコンです!
是非ご応募ください!

「来年も必ずやろう」という思いから生まれたプロコン。

早いもので、前回大会から半年以上が経ちました。
前回大会では電波・電源・情報開示不足など多くの反省点がありました。
にもかかわらず、ご参加頂いた皆様からは
「初めてのプロコンにトラブルは付き物ですよ。楽しかったです」
「来年も是非やってください」「次回を楽しみにしています」といった前向きな
ご期待と温かい激励の言葉を頂戴しました。
その声に運営スタッフ一同は大きく勇気づけられ、
「来年も必ずやろう」と決めて準備を進めてきました。
本当にありがとうございます。
今回リクルートが主催する第2回目のプロコン『CODE FESTIVAL』は、
前回以上に多くの皆様に楽しんで頂くことを目指し
「フェス型」をテーマとして掲げました。
電源・電波・計算用紙などのアタリマエの基準はもちろんですが(汗)、
のみならず参加者それぞれがそれぞれのペースで楽しめるように、
多彩なコンテンツを用意しました。
「CODE FESTIVALに参加して、もっとプログラミングが好きになった」。
そんなお言葉を頂けるよう、スタッフ一同で精一杯準備をしてお待ちしております。

コンテストは本戦だけじゃないんです。
いろんな問題をいろんなCoderと楽しみ尽くしちゃってください!

『楽しみかたは、十人十色。』というコンセプトにもあるように、
いろんな人がコードという共通の言語を通して、
自分やライバルと競い、学び、
それぞれが自分自身の楽しみ方を見つけられるプロコンにしたいと
スタッフ一同準備を進めています。特にコンテストについては、
本戦以外にも上位者同士が競うコンテスト、自分でレベルを選んで
参加できるコンテストや少しジャンルを変えたAI Challengeなど、
とことん問題にチャレンジできる1泊2日になっています。
みなさんのコミュニティが少しでも広がるように、
もっと学びたいと思えるきっかけになるように、
みなさんがわくわくするコンテンツをご用意して
オンサイト会場でお待ちしています!

誰もつくらなかった、つくれなかったプロコンを。

あれこれ、とプロコンの企画(実名は控えますw)に関わらせていただきました。
あたりまえだけど、勝った人がヒーローになる。で、
負けた人が「悔しい」とがんばって次のヒーローになる。
これがきっとプロコンの本質だなと思ってました。
だってプログラミングの「コンテスト」なのですから。
でも、でも、世界を見渡せばプログラマーが「クール」と呼ばれる国があり、
「スター」として扱われる企業もある。そこで行くと日本はどうでしょう?
プログラマーはどんなポジションでしょう。
きっと、あっちの国とは少し状況は違うはず。だったら、勝負をしながら、
プログラミングの楽しさを、できるだけ多くの人に知ってもらう
プロコンがあってもいいじゃないか!きっと、そんなイベントがあれば
日本におけるプログラマーのポジションとかイメージが変わるはず!
と思っていたところ『CODE FESTIVAL』のチームの一員にしてもらえました。
感謝。誰もつくらなかった日本一のプロコンをつくりたいです。
とか言ってますが、自分でコードは書けません。一行も。

それぞれの人が楽しみ・学べる『FESTIVAL』を企画したい。

プロコンの企画には過去何度か関わらせていただいており、
個人的に競技プログラマーの方の頭の回転の速さが大好きで、
いつも皆さんにお会いできること自体を楽しみにしています。
今回は『CODE FESTIVAL』にお声かけいただき、
『CODE FESTIVAL』の『FESTIVAL』部分を担当させていただきます。
キャッチコピーは ”楽しみかたは、十人十色”。
『FESTIVAL』部分めっちゃ大事ジャン…と身が引き締まる思いです。
というわけで、純粋に楽しめるコンテンツや
知的なコンテンツなどすべての人がそれぞれの形でイベントを
楽しみ・学べる『FESTIVAL』になるよう演出できればと思っています。
皆さんに、コンテストの結果はどうあれ
参加してよかったと言ってもらえるよう頑張ります!

心に思い描くイベントに近い「CODE FESTIVAL」を応援したい。

私はこれまでに,ほぼ全ての代表的なプログラミングコンテストにおいて
世界大会への進出を達成し、国内のコンテストも含めると
かなりの数の大会を見てきました。
プログラミングコンテストの大会は実はかなり多種多様で、
どの大会にも強い特色があり、
プログラミングコンテストを愛する者として、
大会に参加する度に色々なことを感じ考えてきました。
今回の 「CODE FESTIVAL」はそうやって
「こういうイベントがあったら良いのに」と心に描いてきたものに
とても近いコンセプトを持っています。
より素晴らしいイベントになるよう、提案や助言を中心に
微力ながら協力させていただいております。

競技プログラマの夢、今ここに。

競技プログラミングのコンテストに参加しようとしても、
これまでは、オンラインで参加する以外の選択肢は殆どの人に与えられず、
オンサイトコンテストは、超上位層だけが集まる場でしかありませんでした。
集まったら集まったで、ただコンテストをやって、表彰式をやって終わり。
もちろんそれが悪いわけではありませんが、華やかさに欠ける、
非常にストイックなものばかりという印象は拭えません。
そこで、AtCoderだけでは絶対に実現出来なかった、
非常に多くの方に楽しんでもらえるお祭りのようなコンテストを、
今回開催できることになりました。
200人という膨大な本選招待人数や、様々なイベント自体を盛り上げる企画など、
「こんなイベントがしたかったけど、競技プログラミングの規模を考えると無理だろうな」と
思っていたあらゆるものが、これでもかと詰め込まれています。
まさに競技プログラマの夢を詰め込んだコンテスト、それが「CODE FESTIVAL」です。
これまでのコンテストの常識を変える「CODE FESTIVAL」、ぜひご参加ください!

すべての人にプログラミングの楽しさを!

今回は「フェス型」のプログラミングコンテストです。
参加者全員が楽しめるようなコンテンツを準備しております。
プログラミングコンテストに参加した経験が乏しい人も、
是非「CODE FESTIVAL」に参加してプログラミングコンテストの
楽しさに触れて頂ければと思います。
「CODE FESTIVAL」にて、多才な人々に出会い、
アルゴリズムを考える楽しさを経験することで、
みなさまのプログラミング人生に
大きな影響を与えることができればいいなと妄想しております。
すでにプロコンが大好きだという人、
周囲の人に「CODE FESTIVAL」の存在を教えてあげてください。
そして、プログラミングコンテストだけでなく、
プログラミングの楽しさ、自由さ、凄さを一緒に世の中へ広めましょう!
みなさまとお会いできることを楽しみにお待ちしております。

2日間思いっきり楽しもう!

200人もの競技プログラマが2日間も集まれるコンテストは
CODE FESTIVALだけです。
本戦のコンテストに限らず、様々なコンテンツに参加して、
たくさんの人と交流できるチャンスです。
自分なりの楽しみ方で思いっきりお祭りを楽しみましょう。

楽しむことを徹底的に追求した
プログラミングコンテストを開きたい

プログラミングコンテストとはいったい……。
そんな深遠な問いを参加した人すべてが感じてしまうような、
不思議コンテンツ満載、ネタ満載、夢満載の壮大なコンテストをしたい、
そういうふうに考えて生きてきました。
そんな中、「CODE FESTIVAL」の運営をサポートさせていただく機会を得て、
様々な無茶を聞いてもらいながらお手伝いをしています。
魅力的で衝撃を受けるようなコンテンツがたくさん提案されており、
きっと今までにないコンテストになるだろうと肌で感じています。
想像するだけで笑いが起きるようなおもしろコンテンツを形にし、
さらに会場を盛り上げることができるよう運営をがんばりたいと思っています。
参加者の方々が本気で楽しめるように、スタッフも本気で楽しみながら作っている、
プログラミングコンテスト「CODE FESTIVAL」。
ぜひご参加いただけたらなと思います。

本気で取り組みたい人から、
ゆる~く取組みたい人まで楽しめるプロコン

去年のプロコンではアメリカツアーに行けなかった僕が、
今年はまさか運営側になるとは夢にも思っていませんでした。
このコンテストでは、オンサイトのコンテストに出まくっているような本気の人から、
僕のようなゆる~く取り組みたい人まで楽しんでもらうように、
色々な仕掛けを用意しています。
本戦だけでなく、様々なサブコンテンツや人との交流を通じて、
運営側の僕らでも予想できないような
楽しみ方をしてもらえたらいいなと思っています。

新時代のプログラミングコンテストです

「CODE FESTIVAL」はプログラミングコンテストの進化を
30年分早めると個人的に考えています。
今までのオンサイトプログラミングコンテスト同様に、
全員で本気で競うコンテストあり、
企画側でさえ「ほんとにそんなことしちゃうの?」と思ってしまうような
度肝を抜くコンテンツありの前代未聞の超大型プログラミングフェスティバルです。
誰もが賞金・賞品を手に入れられる現実的なチャンスがあるといったように、
全員が最初から最後までずっと楽しめるような工夫を沢山取り込んでいます。
もしかしたら、当日は殆ど休む時間が無いかもしれないので、
前日はゆっくりと休んでおくことをおすすめします(笑)

みんなで作るプログラミングコンテスト

多くのプログラミングコンテストは、
主催者が全てを作り上げるという形式で開催されています。
良くも悪くも主催者の想いで作られた世界です。
では、「CODE FESTIVAL」はどうでしょうか?

そう、「CODE FESTIVAL」は違います。
「CODE FESTIVAL」はみんなで作るコンテストです。
ほぼすべての運営サポーターは
競技プログラミングの現役やOBによって構成されています。
参加者の皆さんと同じ視点で作られた世界がここにあります。
現役やOBの「こんなコンテストをやってみたい」という想いが
いっぱい詰まっています。

「CODE FESTIVAL」では複数のセッションが並行して同時に走ります。
つまり、PCで問題を解いている人がいる一方で、
書道コーディングをしている人がいるわけです。
我々のゲームAIのプログラミングコンテストも実施させて頂きます。
皆さんはこんなコンテストを見たことがありますか?
さぁ、私たちのコンテストを一緒に作りましょう!
会場でお会いできること、楽しみにしています;)

ゲームAIコンテストもあります!

「CODE FESTIVAL」では、問題を速く正確に解いて
得点を競い合うコンテストに加え、
ゲームのAIを作って対戦するAI Challengeも開催します。
自分の考えた戦略をプログラムしたAIがライバルのAIと繰り広げる激戦に、
思わず手に汗を握ってしまうことでしょう。
題材となるゲームはAI初心者にも取り組める内容となっていますので是非ご参加ください。
AI Challenge決勝戦では、上位AI同士の戦いを実況を交えて観戦します。
高度な戦略を駆使するAIや、あっと驚く戦法を使うAIによる熱い試合は必見です。
参加者も、観戦者も、ぜひ楽しんでください。

プログラミングコンテストをもっと好きになるお祭りです!

CODE FESTIVAL はこれまでになかった
プログラミングコンテストの「お祭り」です。
いろいろな企画が催され、プログラミングコンテストを
あらゆる方向から遊び倒すことができます。

そのため、コンテストをやりこんできた方も最近始めた方も、
プログラミングコンテストの新しい楽しみ方が必ず見つけられます。
ぜひ CODE FESTIVAL に遊びに来てください!

プログラミングを楽しもう!プログラミングで楽しもう!

競技プログラミングと言うと、難しいアルゴリズムを
ひたすら考えるというイメージで、とっつきにくさを感じてる人も
多いのではないでしょうか。
CODE FESTIVALも、本筋のコンテストでは
従来の競技プログラミングの形式をとっています。
しかし、CODE FESTIVALの魅力はそれだけではありません!
他の参加者との交流や競技プログラミング以外の各種コンテンツを通じて、
様々な角度からプログラミングを楽しめるイベントになっています。
日頃から参加している人はもちろん、競技プログラミングはちょっと……という人でも、
プログラミングが好きでさえあれば、参加して絶対に損はしません!

色々な人に出会って、競技プログラミングを
さらに好きになってもらいたい

「競技プログラミングについて、多くの仲間と悩みや知識を共有したい!
でもオンサイトに行ったら、強い人だらけで会話についていけなかったらどうしよう・・・」
そう考えている方も多いのではないのでしょうか。
CODE FESTIVAL本戦には競技プログラマーが200名ほど集まるので、
初級~上級まで色々なレベルの方が参加してくれる見込みです。
本戦で、自分と同じぐらいの強さの人と悩みや知識を共有したり、
強い人のコーディングを見て「自分もこういう風になりたい!」と目標を持ったりして、
競技プログラミングをもっと好きになってもらえたら嬉しいです!
バランスよくコンテンツを盛り込んで、
全ての競技プログラマーが満足できるお祭りを実現したい!
そんな想いで、このお祭りをサポートしています。ぜひ参加してください。

今までオンサイトのコンテストに
出るチャンスがなかった方も是非ご参加ください!

オンサイトで開催されている数多くのコンテストは
人数が限られていて一部の方しかでられません。
しかし、CODE FESTIVALはなんと200人も本戦に参加することができます!
そのため、これまでなかなかオンサイトまで進めなかった方にも
チャンスがあると思います。
また、オンサイトの魅力の一つはいろいろな人と交流できるところです。
そのためのコンテンツも色々準備しています!
皆さん、特に今までオンサイトのプログラミングコンテストに
出るチャンスがなかった方、是非ご参加ください!

胸熱グッズをゲットしてください!

昨年末は某資格試験とコンテストの日程が被ってしまい、
資格試験を優先してしまったのが私です。
その後、ネット上のレポート記事や参加者の楽しそうな話を聞くたびに、
もったいないことをしたなぁと思っていました。
今年こそは必ず参加するとの意思を込めて
運営パートナーとして参画しております。
今年は多くの方々の協力によって複数コンテンツを同時に楽しめる
フェス形式になったことや、規模も拡大したため参加者層も広がっています。
会場で配布されるグッズにはいろんな胸熱グッズが用意されつつあります。
本戦では是非色んなブースに足を運んで素敵なグッ ズをゲット してください!
当日は我々も全力で運営しますので、飛び込んできてください!

プログラミングコンテストを疎遠に感じている方へ

おそらく自分は今回の運営サポーター内で最も
プログラミングコンテストから縁が遠い人間ではないかと感じています。
正直に告白すると、一般のプログラミングコンテストであれば、
まったく参画する気ではありませんでしたが、
CODE FESTIVALの話を聞いてみると、自分自身が抱いていた
プログラミングコンテストへのイメージを一新するようなコンセプトで、
「これは面白くなるぞ」と確信して運営サポーターに加わることにしました。
一般のプログラミングコンテストでは乗り気にならない
自分のような方でもきっと楽しんでもらえる内容になっていると思います。

本戦会場は、中学校を利用したアートセンター「3331 Arts Chiyoda」です。しかも場所は秋葉原のど真ん中!競って、遊んで、学べる『CODE FESTIVAL 2014』にぴったりの会場です。2日間でプログラミングの楽しさに、どっぷりつかってください。

3331 Arts Chiyoda

〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分

Rank UserName total Score Time (Failure)
1077_semiexp800131:34:00(8)
2052_omeometo800156:46:00(3)
3183_tozangezan800159:23:00(10)
4160_kohyatoh70092:11:00(2)
5climpet700107:06:00(2)
6121_tokoharu700125:10:00(6)
7097_Komaki700127:48:00(2)
8144_なでこ700132:28:00(6)
9095_リリィナイトの痛い信者qnighy???????????????????????????????????????????700144:14:00(1)
10069_Mi_Sawa700146:29:00(15)
11125_zukky700155:50:00(1)
12029_asi1024700159:03:00(11)
13168_logicmachine700169:50:00(5)
14146_natsugiri700172:53:00(5)
15179_ラブライブ!は人生を豊かにする60033:20:00(3)
16110_anta60041:52:00(1)
17197_ひもじい日も××60062:51:00(0)
18うわああああああねむいよおおおおおおおお!?60064:26:00(6)
19103_natrium60068:37:00(1)
20137_phidnight60070:20:00(1)
21まーす60070:32:00(1)
22071_sune260078:22:00(5)
23035_nisshy60081:54:00(10)
24????60082:30:00(0)
25117_y3(余生)60084:27:00(3)
26143_mattya108960089:44:00(4)
27180_flowlight60090:10:00(9)
28149_yokit960091:02:00(7)
29065_ichyo60099:37:00(17)
30120_у меня нет головы600102:35:00(2)
31150_tos600103:23:00(0)
32068_atetubou600111:10:00(0)
33082_fura2600112:46:00(3)
34163_rantd600120:43:00(1)
35154_hirokazu1020600121:22:00(3)
36002_みき@軽実装妹600122:49:00(9)
37156_not600122:55:00(10)
38126_Lepton_s600123:01:00(12)
39195_YNQ600126:11:00(2)
40083_sugim48600130:18:00(0)
41シ龍シ束頁600131:41:00(5)
42053_とど600133:25:00(5)
43027_mitaki28600142:18:00(3)
44102_piroz(ぴろず)600144:05:00(3)
45166代ローマ教皇はルキウス2世(在位:1144年3月12日〜1145年2月15日)である。600146:30:00(0)
46075_spark600148:12:00(10)
47152600148:30:00(3)
48050_aki33524600153:38:00(1)
49014_chir600155:20:00(24)
50070_hyksm600165:57:00(4)
51191_zerokugi600166:53:00(3)
52135_wo600169:50:00(1)
53119_eha600173:26:00(11)
54monolith600175:45:00(10)
55そすうぽよ50020:37(3)
56194_shimomire50028:49:00(4)
57196_わふれるか50029:42:00(1)
58080_ustimaw50030:28:00(4)
59073_50030:43:00(1)
60079_怒髪50031:57:00(1)
61151_lyoz50034:01:00(2)
62111_deflat50034:05:00(1)
63148_hiro116s50036:12:00(3)
64024_blue_jam(ちくわは無限に存在します!)50036:26:00(0)
65130_いが50036:33:00(1)
66114_furu_tuww50036:37:00(1)
67kagamiz50038:47:00(0)
68Izuru Matsuura50039:12:00(1)
69058_takapt50040:07:00(1)
70051_tonkotsu50040:09:00(2)
71159_もにょ50041:30:00(0)
72081_ヘクト50042:06:00(3)
73174_inuhiroshi50042:13:00(8)
74145_kw_udon50044:00:00(2)
75008_ゼオスTT50044:26:00(0)
76036_中野梓さんの誕生日は11月11日です、本戦の3日後、これは運命を感じますね50044:38:00(3)
77140_hakatashi50046:30:00(1)
78138paper50046:47:00(2)
79104_handlename50048:35:00(5)
80072_torus71150048:55:00(0)
81088_ガラスボー50049:00:00(0)
82趣味グラマ50049:14:00(5)
83しおあめ50049:34:00(1)
84tatsy50050:56:00(1)
85092_フジイ50052:16:00(1)
86099_s.nakazawa50052:18:00(3)
87032_kyos50053:13:00(4)
88046_tono50053:49:00(1)
89113_ZUK50055:30:00(6)
90fujisu50056:30:00(1)
91019_autotaker50057:22:00(1)
92115_mayoko50057:29:00(5)
93074_diginatu50057:31:00(3)
94060_arosh50060:09:00(2)
95043_Vetteru50061:29:00(4)
96147_negi_magnet50062:08:00(7)
97006_gire50062:53:00(1)
98064_kzyKT50064:08:00(7)
99037_みゆっき50067:37:00(2)
100okaduki50067:54:00(4)
101063_HETARE50068:21:00(4)
102106_uzuki50068:48:00(3)
103085_さて50068:49:00(3)
104096_ともきいまい50069:05:00(10)
105182_俺が南ことりだ50070:26:00(4)
106089_dussel50071:30:00(0)
107Isurugieri50073:13:00(10)
108033_花月かすみ50073:32:00(1)
109192_nuip50073:36:00(3)
110153_くずみん50073:52:00(3)
111116_玲香50074:16:00(2)
112128_ciel50074:22:00(12)
113038_jgui012150074:45:00(4)
114176_にゃまま50077:25:00(1)
115193_assy50078:54:00(0)
116109_iwashi50079:51:00(3)
117108_takuya50081:30:00(4)
118157_cympfh50084:02:00(3)
119034_rian50085:48:00(8)
120100_amano50086:33:00(7)
121030_cormoran50087:09:00(5)
122048_TeamCraftworks50087:24:00(6)
123127_mukku50091:00:00(4)
124155_yoda50094:38:00(2)
125059_lan50095:34:00(7)
126011_ichigo_o_re50096:31:00(11)
127018_ツカサ50096:33:00(4)
128124_StoneDot50097:08:00(8)
129045_nida_00150097:14:00(1)
130105_D050099:03:00(6)
131184_Cubic50099:10:00(4)
132084_NOx_692500101:26:00(6)
133047_ENIXER500103:48:00(6)
134005_WinField95500104:18:00(13)
135123_ゆー500110:28:00(1)
136141_ほりもつ500114:25:00(6)
137094_takoshi500114:33:00(2)
138017_utsubo500116:11:00(8)
139044_fshin500116:40:00(6)
140122_おーや500116:51:00(6)
141カイン500118:28:00(5)
142041_nemupm500124:28:00(4)
143093_ik-fib500127:10:00(7)
144066_koyumeishi500127:13:00(1)
145061_hirofumi500129:11:00(11)
146015_orisano500129:15:00(11)
147076_rean500135:53:00(9)
148134_yoshikyoto500137:05:00(0)
149086_Akeru500140:47:00(5)
150055_紺青500142:23:00(3)
151090_kuwa500145:02:00(7)
152003_scache500145:07:00(6)
153185_LazyMii500145:27:00(11)
153062_t_murano500145:27:00(3)
155042_tealeaf500145:41:00(13)
156057_arrows500145:55:00(11)
157007_EEL500155:46:00(6)
158139_stdll500156:58:00(13)
159040_yokabb500159:36:00(3)
160172_blue0620500162:30:00(9)
161091_majiang500165:36:00(0)
162131_roiti500168:07:00(25)
163067_tanitanin500172:20:00(10)
164188_はたはた500176:59:00(6)
165165_rabbit_TR500177:15:00(0)
166012_nikollson500179:11:00(4)
167189_oyas40032:03:00(3)
168173_aosuka40033:20:00(4)
169dddai120640047:50:00(2)
170178_dosydon40053:35:00(0)
171025_秋花40071:23:00(3)
172078_OUDON40080:30:00(1)
173136_みっどちるだ人40088:29:00(4)
174199_Kazune Takahashi40094:20:00(4)
175021_kuroneko40094:46:00(0)
176009_NSTomoS(トモス)40098:48:00(5)
177016_galax400101:21:00(2)
178028_RKX1209400103:25:00(0)
179187_refiute400118:46:00(5)
180101_sotetsuk400129:30:00(9)
181190_gam0022400143:08:00(15)
182164_めんふぃむ400148:53:00(12)
183129_popon400150:29:00(3)
184118_jakbi400151:36:00(6)
185020_Lay_ec400171:44:00(6)
186TobiasGSmollett400174:50:00(6)
187158_richard400178:33:00(21)
188171_ふじけん30056:22:00(0)
189waka30087:20:00(6)
190112_ry0u_yd30099:33:00(0)
191Iceman300103:08:00(4)
192107_tsuburin300111:30:00(4)
193022_u-t0811300167:55:00(7)
194198_ninjin300170:38:00(0)
195049_tokky.cpp300179:59:00(1)
196056_Yazaten2008:25(0)
197177_宇宙ツイッタラーX20028:56:00(3)
198186_Avocadro1004:25(0)
199n?um?a?00:00(0)
199刺身00:00(0)
199tubo00:00(0)
199haruki5700:00(0)
199togatoga(予選落ちの底辺)00:00(0)
199moti00:00(0)
199tnb00:00(0)
199dsf00:00(0)
Rank UserName total Score Time (Failure)
1077_semiexp20058:49:00(4)
2kagamiz10035:04:00(2)
3052_omeometo10040:04:00(1)
4climpet10055:28:00(1)
5160_kohyatoh--(1)

Easy

Rank UserName total Score Time (Failure)
1012_nikollson40036:58:00(4)
2199_Kazune Takahashi30036:12:00(1)
3078_OUDON30054:31:00(7)
4057_arrows30060:18:00(10)
5187_refiute30063:09:00(3)
6dddai120630063:21:00(9)
7131_roiti30065:15:00(3)
8090_kuwa30066:38:00(3)
9139_stdll30068:17:00(3)
10040_yokabb30068:40:00(2)

Middle

Rank UserName total Score Time (Failure)
1080_ustimaw40069:30:00(4)
2そすうぽよ40079:00:00(4)
3191_zerokugi40087:27:00(2)
4Darsein30053:25:00(7)
5182_俺が南ことりだ30064:38:00(2)
6roxion137730087:23:00(5)
7088_ガラスボー30087:31:00(2)
8104_handlename30087:56:00(9)
9071_sune220025:50:00(3)
10012_nikollson20038:45:00(0)

Hard

Rank UserName total Score Time (Failure)
1077_semiexp40061:31:00(5)
2052_omeometo30042:56:00(1)
3068_atetubou30049:59:00(4)
4logicmachine30057:58:00(1)
5phidnight30059:11:00(0)
6anta30061:52:00(1)
7179_ラブライブ!は人生を豊かにする30063:55:00(5)
8103_natrium30069:44:00(2)
9150_tos30084:59:00(2)
10156_not20021:12:00(0)

決勝

優勝
iwashi31
準優勝
ichyo

決勝進出者

  • richard
  • udondon
  • taketake0609
  • ustimaw
  • ichyo
  • kenkoooo
  • ktrumpet
  • lay20114
  • oshikyoto
  • tatsy
  • kasa_diary
  • mattya1089
  • kazunetakahashi
  • kuzumin
  • Hec
  • iwashi31
Rank TeamNo. TeamName total Score Time (Failure)
1160x101060:18:00(3)
208たこ1062:24:00(3)
3051062:59:00(11)
401このままでは1になってしまう1071:19:00(1)
509#!1072:15:00(1)
619小倉唯1072:33:00(6)
707FCCPC1074:08:00(2)
814!rng1074:55:00(6)
918over 181075:10:00(8)
1010じゃがりこ1075:31:00(10)

CODE FESTIVAL 2014本戦では、コンテストだけではなく、プログラミングスキル向上に役立つコンテンツ、参加者同士が交流ができるコンテンツ、プログラミング初心者向けコンテンツなど、みなさんに楽しんでいただける様々なコンテンツをご用意しています。当日のタイムテーブル詳細は順次公開しますのでお楽しみに!

アイコンがついているものは、コンテンツ概要や詳細をご覧いただけます。
AtCoder 高橋直大氏による
解説です。問題を解いたら答え
合わせをして、1つ1つできること
を増やしていくのが鉄則ですね♪
上位入賞者によるエキシビション
マッチを開催。上位入賞者のコード
を覗きつつ実況解説もする予定です。
コンテスト参加者は難易度の高い
問題への挑戦を楽しんでいただき、
観戦者は上位者のコードを見て
楽しめるイベントです。
3時間で計10問出題されます。
上位入賞者には賞金を授与。
6問以上正解者全員にも素敵な
賞品をご用意しています!
●書道コーディング
美しいコード。
プログラマーの間でよく耳にする言葉です。
じゃあ、本当に美しいコードを
プログラマーの皆さんに書いてもらいましょう
ということで生まれた企画がこの書道コーディング。
キーボードとディスプレイじゃなく、
日本を代表するアート「書」でプログラミングで表現!
審査はテレビでもお馴染み、あの有名書道家と
競技プログラマーたち。
文字通り、書として、コードとしての美しさを、
全員で競ってみませんか!
高橋直大氏トークライブテーマ
●アルゴリズムのイメージを擬人化する
アルゴリズムをどのようにイメージで捉えるかが、
競技プログラミング技術向上の分かれ目。
なんて言われても、中々ピンときません。
そこで、アルゴリズムを分かりやすく
「萌え擬人化」して解説!
世界ランカー高橋直大氏がお届けする
初心者の参考にもなる、ゆるコンテンツ!
どんな萌えキャラが出るか?お楽しみに。
高橋直大氏プロフィール
大学在学中にImagine Cup 2008のアルゴリズム部門において
世界3位に入賞。TopCoderOpen4年連続決勝進出、準優勝1回。
現在、プログラミングコンテストを企画するAtCoder代表。
「カタン」、「ドミニオン」、
「ゴキブリポーカー」などなど、
ボードゲームを多数ご用意しています。
ボードゲームのプロが
ルールの解説も教えてくれます。
講演の合間に、休憩しながら、
友だちと一緒に、使い方は自由!
普段はなかなかできない珍しいボードゲームを
心ゆくまで楽しんでください!
最速コーダーと呼ばれる人もいるけど…、
タイピングは一体誰がいちばん速いんだ?
ということで、コーディングではなく、
タイピング最速決定戦開催!
『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』の
Final Examタイムアタックです。
2日間で最速タイムを叩き出すのは誰だ!?
タイピングに自信のある方は、
ぜひ挑戦してください!
1位の方には豪華賞品もご用意しています!
notさんによる、
『幾何学問題の美しい解き方』ほか
参加者によるライトニングトーク。
役立つ情報や、誰も知らない
あんな情報まで大発表!
数分の発表に込めた、
登壇者の熱い思いを聞いてください。
お楽しみのフードタイム!
1日目はお寿司、ピザ、お肉の
3種の神器が登場。
本戦で疲れた身体と胃袋を満たす
フードをご用意して
お待ちしております。
お楽しみのフードタイム!
1日目はお寿司、ピザ、お肉の
3種の神器が登場。
本戦で疲れた身体と胃袋を満たす
フードをご用意して
お待ちしております。
解説を聞いても、なかなか納得いかない。
そんなあなたのために、
本戦問題の個別指導塾を開設!
納得いくまで、理解できるまでをモットーに
本戦問題を解けるまで個別で徹底指導します。
解法から、コーディングのバグまで、
気になるところはなんでも聞いてください!
パフォーマンス・生ニコ生放送テーマ
●生TopCoderでプログラムしてみた
プログラミングコンテスト放送生主が、
この日のためにシンガポールから来日!
普段の放送を完全再現。
気になる問題に挑戦します!
あのイケボを生で聞けるチャンスはこの日だけ。
是非ご参加ください。
http://com.nicovideo.jp/community/co78570
nico_shindannin氏プロフィール
TopCoder EPA(アメリカ合衆国環境保護庁) ToxCast Challenge 優勝
TopCoder Open 2013 Marathon Match部門 13位
趣味では、ニコニコ生放送で「TopCoderでプログラムしてみた」を放送をしている、寝るのとTopCoderと三国志大戦が大好きなプログラマーです。
仕事では、海や船の物理シミュレーション・グラフィック等を担当するゲームプログラマーです。
みんな大好き「音ゲー」登場。
2日間限定であの筐体を、
ゲーセンから借りてきて会場に設置します!
もちろんフリープレイですからコイン不要!
ここではいったんキーボードを置いて、
自分の足さばき、バチさばきを競いあって
ホンキのハイスコアを目指してください。
●Easy Challenge
●Middle Challenge
●Hard Challenge
レベル別のプロコンを同時開催。
自分に合った難易度のプロコンを選び、
1時間半で4つの問題に挑戦していただきます。
もちろん、それぞれのChallengeの
上位入賞者には賞品をご用意しています。
そして正解した問題数によっても
獲得できる賞品がありますので
奮って【あさぷろ】してください!
問題・ルールは事前に公開し、
オンサイト2日目の朝8:30までに
コードを提出します。
提出後に実施する予選を勝ち抜いた
上位のAI同士が優勝をかけて対戦
します。テーマは後日公開予定です
のでお楽しみに★
体育祭の目玉コンテンツといえば、学級対抗リレー。
CODE FESTIVALでもチーム対抗早解きリレーをやります!
本戦の戦績でランダムに選ばれた10人でチームを構成。
問題は予選と同等レベルの易しいものから用意します。
1人1問解き終わったら次の人にタスキを繋ぎ、
一番早く全完したチームが優勝です。
●書道コーディング
美しいコード。
プログラマーの間でよく耳にする言葉です。
じゃあ、本当に美しいコードを
プログラマーの皆さんに書いてもらいましょう
ということで生まれた企画がこの書道コーディング。
キーボードとディスプレイじゃなく、
日本を代表するアート「書」でプログラミングで表現!
審査はテレビでもお馴染み、あの有名書道家と
競技プログラマーたち。
文字通り、書として、コードとしての美しさを、
全員で競ってみませんか!
坂本一憲氏×高橋直大氏トークセッションテーマ
●研究者×世界ランカーが語るプロコンの未来
聞きたいけど聞けない競技プログラミング周辺の人々の疑問に
ツッコンでみるトークセッション!
問題の解き方や、問題のつくり方なんて序の口です。
プロコンでどうやってマネタイズしてんの?
プロコンやってる人のキャリアって?など、
プロコンに関わる人なら誰しも
聞いてみたい話題がテーマです。
研究者と世界ランカーが、とことんぶっちゃけます!
坂本一憲氏プロフィール
国立情報学研究所助教。未踏ユースプロジェクト採択、
未踏スーパークリエータ認定。
2009年よりゲームAIプログラミングコンテストを開催。
※CEDEC AI CHALLENGE 、ACM/ICPC併設のJavaChallenge、
情報処理学会SamurAI Coding等。
高橋直大氏プロフィール
大学在学中にImagine Cup 2008のアルゴリズム部門において
世界3位に入賞。TopCoderOpen4年連続決勝進出、準優勝1回。
現在、プログラミングコンテストを企画するAtCoder代表。
今村安伸氏トークライブテーマ
●プロコン高速化対策
誰もなかなか教えてくれない
マラソンマッチにおける、
プログラミングの実装領域での高速化のメソッドを
コルンさんが直接解説してくれます!
しかも、このためにわざわざ九州から来てくれます!
Twitterじゃない「生コルン」に会えるチャンス。
めったに聞けない世界ランカーのメソッドを
ぜひ、聞きにきてください!
今村安伸氏プロフィール
屋号:システム工房コルン。
TopCoder Marathon Matchにて、レッドコーダー保持。
※TopCoderOpen Marathon[2013]世界8位、[2012]世界12位。
「カタン」、「ドミニオン」、
「ゴキブリポーカー」などなど、
ボードゲームを多数ご用意しています。
ボードゲームのプロが
ルールの解説も教えてくれます。
講演の合間に、休憩しながら、
友だちと一緒に、使い方は自由!
普段はなかなかできない珍しいボードゲームを
心ゆくまで楽しんでください!
最速コーダーと呼ばれる人もいるけど…、
タイピングは一体誰がいちばん速いんだ?
ということで、コーディングではなく、
タイピング最速決定戦開催!
『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』の
Final Examタイムアタックです。
2日間で最速タイムを叩き出すのは誰だ!?
タイピングに自信のある方は、
ぜひ挑戦してください!
1位の方には豪華賞品もご用意しています!
2日目のフードタイムは、
あさぷろ帰りに、トークセッションの前に
サクッと食べられるけどおいしいフードを用意しました。
グルメバーガー、有名駅弁、有名ロケ弁の中から、自分の好きなものが選べます!
2日目のフードタイムは、
あさぷろ帰りに、トークセッションの前に
サクッと食べられるけどおいしいフードを用意しました。
グルメバーガー、有名駅弁、有名ロケ弁の中から、自分の好きなものが選べます!
Imos氏トークライブテーマ
●ないんたん天気予報の中の人の話
なぜ「ないんたん天気予報」が
作られることになったのか、
誕生秘話から、未来予測の仕組みを、
中の人が自ら徹底解説!
競技プログラミングをバックボーンに、
ソフトウェアを開発するメリットとは!?
さらに「いもす法」の上手な使い方も
教えてくれちゃいます。
・Imos 氏
ICFPC 2013優勝など、数々の競技プログラミング大会で活躍。
在学中は、独自のアルゴリズムで1時間後の天気を予想する
「ないんたん天気予報」や、「いもす法」と呼ばれる
独自のアルゴリズムを発表。
rng_58さんによるライトニングトークや
役立つ情報から誰も知らないあんな情報、
こんな情報までを大発表!
数分の発表に込めた、
登壇者の熱い思いを聞いてください。
ダミー
「CODE FESTIVAL」では
プログラミングだけではなく
本気で遊べる・楽しめる
各種コンテンツでも表彰を行います。
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッドや
書道コーディングなど、
二日間の熱い戦いの末、
栄冠を勝ち取るのは一体誰だ!?
Easyも、Middleも、Hardも解説します。
あさプロの解説を聞けるのはここだけ!
あさプロの個別指導塾を開設!
納得いくまで、理解できるまでを
モットーに解けるまで個別で徹底指導。
解法から、コーディングのバグまで、
何でも聞いてください!
秋葉拓哉氏トークライブテーマ
●「レッドコーダーの作り方」
 ~競プロに活かす(秘)私生活~
世界大会でも活躍する秋葉さんの
強さの秘密、知られざる素顔を大公開!
信じられない失敗談から、好きな食べ物まで
普段聞くことができないマル秘情報が聞ける貴重な機会です!
どうやって成績を伸ばしてきたのか、
どうやって強くなったのか、
その軌跡を、勉強法も交えて振り返っていただきます!
・秋葉拓哉氏プロフィール
高校生時代に SuperCon 2005 準優勝,日本情報オリンピック 2006
優勝など国内大会で好成績を収めプログラミングコンテストの魅力に取り憑かれる.大学入学後,活躍の場を世界に移し,ACM-ICPC 2012銅メダル,TopCoder Open 2012 アルゴリズム部門 4 位,ICFP-PC 2013優勝などを達成.「プログラミングコンテストチャレンジブック」共著,「世界で闘うプログラミング力を鍛える150問」訳監.
みんな大好き「音ゲー」登場。
2日間限定であの筐体を、
ゲーセンから借りてきて会場に設置します!
もちろんフリープレイですからコイン不要!
ここではいったんキーボードを置いて、
自分の足さばき、バチさばきを競いあって
ホンキのハイスコアを目指してください。
渡部有隆氏×高橋直大氏トークセッション
●競技プログラミングは
 プログラミング学習に有効か?
『オンラインジャッジではじめる
C/C++プログラミング入門』を執筆した
渡部有隆会津大学准教授とAtCoder代表
高橋直大のトークセッションです。
プログラミング学習に競技プログラミングは
どこまで活用できるのか?
今後、競技プログラミングはどこまで、
プログラミング学習をフォローできるか?
コンテストだけで終わらない
競技プログラミングの可能性について
お二人に熱く語って頂きます。
・渡部有隆氏プロフィール
会津大学准教授。競技プログラミングを利用し、
プログラミング学習に役立てられてきた
Aizu Online Judge開発。
著書に『オンラインジャッジではじめる
C/C++プログラミング入門』など
※上記のコンテンツ内容やスケジュール、開始時間などは変更になる可能性があります。予めご了承ください。